2017年(平成29年) 10月18日

1935沖縄 よみがえる古里

【風葬】好奇のまなざし「事件」ひきおこす かつての墓所、覆う緑

 岩陰にある、屋根のような形のものが付いた木の箱は、ひつぎだ。故人を納めて12年に1度、とら年に開けて骨を洗い清める。その後、改めて厨子甕(ずしがめ)に納める。この1枚は、1935年の久高島の風葬の場を写している。

久高島の崖の陰で、故人を納めた木棺を置き、12年に1度、とら年の旧暦10月20日に一斉に開け、遺族が洗骨した。ひつぎの上のわらじなどについて、祭祀に詳しい地元の福治洋子さん(77)は「亡くなった後の世界(後生、グソー)に無事に着きますように、また、旧盆などの折に家に帰ってこれるようにという意味」と語る。骨は、写真中央に見える陶器や石でできた「厨子甕(ずしがめ)」に納めた。久高島区長の西銘正博さん(65)は「銅線で巻いて岩などに結びつけ、動かないようにしていた」と話す。内間新三さん(89)は「それでも、台風などで動いたり、ふたが開いてしまったりすることはあっただろう」とみる(写真は朝日新聞社提供)

久高島で、もともと風葬地があった場所を見下ろす地点。1960年代後半にコンクリートでふさいだというが、今は木々が視線を遮っている=7月10日、南城市知念久高

久高島の崖の陰で、故人を納めた木棺を置き、12年に1度、とら年の旧暦10月20日に一斉に開け、遺族が洗骨した。ひつぎの上のわらじなどについて、祭祀に詳しい地元の福治洋子さん(77)は「亡くなった後の世界(後生、グソー)に無事に着きますように、また、旧盆などの折に家に帰ってこれるようにという意味」と語る。骨は、写真中央に見える陶器や石でできた「厨子甕(ずしがめ)」に納めた。久高島区長の西銘正博さん(65)は「銅線で巻いて岩などに結びつけ、動かないようにしていた」と話す。内間新三さん(89)は「それでも、台風などで動いたり、ふたが開いてしまったりすることはあっただろう」とみる(写真は朝日新聞社提供) 久高島で、もともと風葬地があった場所を見下ろす地点。1960年代後半にコンクリートでふさいだというが、今は木々が視線を遮っている=7月10日、南城市知念久高

 沖縄研究者の田村浩(1886〜1945)は『琉球共産村落之研究』(27年)で久高島に触れた。再販本(69年)には「久高島ノ風葬共同墓地 後生」が「西方海岸ノ岸壁ニアリ 木棺ハ近代式家型…」と記され、木棺そばの岩に本人らが腰掛けた写真が載る。

 田村の写真に、島に詳しい琉球大教授の赤嶺政信さん(63)=民俗学=は「まるで記念撮影だが、そういった場所ではなかった。気軽に立ち入ることはあり得なかった」と話す。

 風葬は、かつて本島、離島の各地でみられた。琉球国造り神話の島として、戦前から久高島は民俗学者たちの注目を浴びてきた。赤嶺さんは「その中で風葬にも目が向いた」とみる。

 好奇のまなざしが、67年1月の「事件」につながっていく。66年12月、島の祭事、イザイホーに約400人の調査、取材、観光客が押し寄せた翌月だ。

 「けしからん」。久高島区長の西銘正博さん(65)=南城市知念久高=は中学生だった時、学校に駆け付けた区長らの怒気に満ちた声を覚えている。持ってきた雑誌には、風葬地でひつぎのふたを開けて撮影したカットが載っていた。「ふたを閉じようと、大人と一緒に、開けられたひつぎを探した。寒い日だった」

 その後、全ての遺骨を別の所に移し、風葬地はコンクリートでふさがれた。50年近く過ぎた今、生い茂る木々が視線を遮っている。(「1935沖縄」取材班・堀川幸太郎)

写真集「沖縄1935」発売

 戦火に包まれる前の沖縄がよみがえります。待望の写真集が朝日新聞出版社から全国販売。「糸満」「那覇」「久高島」「古謝」と地域ごとに章立てされ、82年前の人々の生き生きとした様子が鮮明なモノクロ写真で紹介されています。

 ■朝日新聞出版社

 ■A4判変型

 ■1,800円(税抜)

  全国の書店のほか、大手通販サイトamazon等でも購入できます。

写真集 沖縄1935
写真集 沖縄1935
posted with amazlet at 17.08.08

朝日新聞出版 (2017-07-31)
売り上げランキング: 550

あわせて読みたい

関連リンク

1935沖縄 よみがえる古里のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス