名護市辺野古の新基地建設現場で進む海上作業の停止を求めた翁長雄志知事の指示に対し、沖縄防衛局は指示取り消しを求める審査請求を申し立て、同時に指示の効力停止も求めた。政府は「瑕疵(かし)はない」と一歩も引かない構えで、「県と政府の全面対決」(政府関係者)に入った形だ。