【東京】中谷元・防衛相は25日、米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長と防衛省で会談し、名護市辺野古への新基地建設について「普天間飛行場の移設は着実に進めていく方針にいささかも揺るぎはない」と述べ、新基地建設に強い意欲を示した。

デンプシー統合参謀本部議長(右)へ新基地建設の必要性を語る中谷元・防衛相=25日、防衛省

 翁長雄志知事による海上工事の停止指示を念頭にした発言とみられ、新基地建設を実現する明確な意志を米側に表した形だ。中谷氏は「普天間はキャンプ・シュワブへの移設で完全にコミットしている」と強調。日本を取り巻く安全保障の環境が厳しさを増していることを指摘し、日米同盟の強化の必要性を訴えた。

 中谷氏は同日夕、記者団の取材に対し、デンプシー氏は「普天間の(移設)事業は大変重要であり、政府の取り組みに感謝したい」と述べたことを明らかにした。