那覇市首里山川町にある「城間びんがた工房」(城間栄市代表)。琉球王府に数百年間仕えた紅型3大宗家の一つだ。前当主の15代城間栄順さん(83)は「先人たちは灼熱(しゃくねつ)の中で咲くユウナやデイゴの沖縄の鮮やかな色を表現してきた」と話す。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。