高校野球の第62回県春季大会第4日は25日、北谷球場など3球場で1回戦7試合、2回戦2試合を行った。昨年の県秋季大会覇者で第1シードの中部商業と西原が3回戦進出。嘉手納、北中城、沖縄尚学、小禄、豊見城南、沖縄水産、那覇商業が2回戦へ進んだ。

 西原はエース川満樹生が2安打完封。打線も五回までに5点を挙げ、南風原に5-0で快勝した。

 2回戦が初戦の中部商は12安打を放ち、陽明を10-0の六回コールドで下した。沖尚は五回、4点を挙げ普天間を4-1で破った。嘉手納は那覇に11-4の七回コールド、小禄は名護商工・中部農林連合に11-1の五回コールドで勝った。

 第5日は26日、3球場で2回戦8試合を行う。