嘉手納が那覇の5投手から11安打で11点を挙げて逆転勝ちした。先発の仲地玖礼(くおれ)がボール先行で先制を許す苦しい展開も、打線が奮起。大蔵宗元監督は「失策で走者を出して失点と、嫌な流れだったが打撃でカバーしてくれた」と勝因を挙げた。 得点機は四~六回、いずれも3番から打者一巡。