「九州では打ち損じてくれた球を、天理は見逃してくれなかった」。糸満エース右腕の金城乃亜は力の差を認めた。 糸満、天理ともに守りからリズムをつくり、攻撃につなげるパターンだ。糸満も二回までは金城乃を中心に守りは順調だった。 初回、金城乃はコースに球を散らし、三者凡退で上々の滑り出し。