「1票の格差」が最大2・13倍だった昨年12月の衆院選は有権者の投票価値が不平等で違憲だとして、県選挙管理委員会に沖縄1~4区の選挙無効を求めた訴訟で26日、福岡高裁那覇支部(須田啓之裁判長)は「違憲状態」の判決を出した。選挙の無効請求は退けた。

「1票の格差」訴訟で「違憲状態」の判決が出て、報道陣の問いに答える原告たち(左側)=26日午後2時34分、那覇市の福岡高裁那覇支部