いけばなインターナショナル沖縄支部(宮里幸子支部長)は28日から、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスと2階ギャラリーでチャリティー花展を開く。30日まで。

開会の準備が進む中、会場を彩る作品を眺める関係者=27日、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランス

 八重桜やレンギョウ、藤など華やかな春の植物を使った作品103点が並ぶ。

 座間味正子さんは、薄青色のダッチアイリスやシダをあしらった作品を出展。「青と緑を取り合わせて、爽やかに仕上げた。すがすがしい春の訪れを感じてもらえれば」と話す。

 宮里支部長は「県内の14流派による展示会は珍しい。それぞれの個性を楽しんでほしい」とアピールした。