県内の中南部地域にある5カ所の周産期母子医療センターの新生児集中治療室(NICU、48床)や新生児回復治療室(GCU、50床)で、7月から満床状態が続いている。