「被爆者たちは、核の存在から逃れることのできない二十世紀後半の世界中の人間を代表して、地獄の火で焼かれたのだ」。井上ひさしさんは原爆投下後の広島を舞台にした戯曲「父と暮らせば」の「前口上」でそう書いた▼峠三吉「原爆詩集」や原民喜「夏の花」、井伏鱒二「黒い雨」。