9秒でまるわかり!

  • 鹿児島銀行の上村頭取が10月1日に沖縄支店を開く方針と発表した
  • 10月に鹿銀と経営統合する肥後銀行(熊本)は行員を出向させる
  • 熊本や鹿児島企業の沖縄進出や海外展開、農水産物輸出が狙い

 【熊本市で照屋剛志】鹿児島銀行の上村基宏頭取は27日、熊本市内で会見を開き、今年の10月1日に沖縄で支店を開く方針を明らかにした。鹿銀と10月の経営統合で合意した肥後銀行の甲斐隆博頭取も鹿銀の沖縄支店に行員を出向させる考えを表明した。

 両行は同日、持ち株会社を設立し、鹿銀と肥後銀を傘下に置く経営統合計画に基本合意した。沖縄で支店を開くことについて上村頭取は「10月1日に出たい。そろそろ正式決定したい」と表明した。

 甲斐頭取は「肥後銀の沖縄拠点は設置しない」としながらも行員出向など鹿銀と連携することを強調。人口が増加する沖縄市場は魅力的だとし、熊本や鹿児島企業の沖縄進出の支援を通し、沖縄経済にも貢献する考えを示した。両行は経営統合後の営業戦略として取引企業の海外展開支援など国際化戦略も掲げた。那覇空港を拠点にしたANA国際貨物ハブを足がかりに、鹿児島と熊本の農水産物の輸出を後押しし、資金需要の創出も狙う考えだ。