72年前の8月6日は月曜日で、広島の空はよく晴れていたという。 午前7時すぎに鳴った警戒警報は間もなく解除され、それぞれの1日が始まろうとしていた。 午前8時15分、米軍のB29爆撃機から原子爆弾が投下された。