【名護】第39回名護夏まつりが7月29、30の両日、名護漁港で開かれた。2日間で千発の花火が打ち上がり、夏の夜空を彩った=写真。 台風の接近が懸念されたが、主催する市商工会青年部の平良虎(ごう)部長は「ナングスクに御願をしてはね返した」と笑った。宮沢和史さんらのライブもあった。