名護市辺野古の新基地建設で、沖縄県が沖縄防衛局に出した作業停止指示の適法性や同局が執行停止を申し立てる資格の有無をめぐり、県は申し立ての根本から異論を唱え、正当性を主張した。執行停止に対する農林水産省の判断が示されても、県、防衛省ともに認識や主張の食い違いは残り互いに引く気配はない。