生活保護を受けていた那覇市の40代の女性が、娘2人の借りた貸与型奨学金を収入とみなし生活保護費計約93万円の返還を求めた同市の処分を不服として、県に審査請求している問題で、県の審理員は5日までに「処分に違法や不当な点はなく、請求棄却が相当」とした意見書をまとめていたことが分かった。