【西原】両手を広げたら、頭の上のサワフジが咲くかも。歩いたら「りんりん」鈴の音が聞こえちゃうかも-。西原町にそんな観光キャラクター「さわりん」が誕生した。

観光キャラクター「さわりん」(中央)と名付け親の古堅八紀さん(右から3人目)=27日、西原町役場

 27日、町役場でお披露目された。デザインは964点の応募があり、昨年11月、町棚原の保育士、池村紫穂さん(40)の作品が選ばれた。自然豊かな西原を象徴して体を緑色にし、頭には町の花木のサワフジを載せた。その後、寄せられた名前451点の中から琉大事務、古堅八紀(はつき)さん(40)の「さわりん」が選ばれた。

 上間明町長と高江洲昌明産業課長は「町民みんなで大切に」「かわいがって」と満面の笑みで呼び掛けていた。さわりんは今後、県内のゆるキャラと交流する。