元衆院議員で沖縄開発庁長官を務めた上原康助氏が死去した6日、県内政界からは基地従業員の権利を守り、本土復帰後の沖縄振興に取り組んだ功績をたたえ、別れを惜しむ声が上がった。