米軍普天間飛行場所属のオスプレイが昨年12月の名護市安部に続き、オーストラリアで墜落した。県は、米側の安全対策に強い疑念を示し、飛行停止を求める構えだ。一方、国内への影響を最小限に抑えたい政府は、米側へ飛行自粛要請に踏み切った。名護市からは、半年後に控える市長選への影響を懸念する声も上がる。