台風5号の影響で6日、県内では航空便や海の便で欠航が相次いだ。国内線は那覇と鹿児島、宮崎を結ぶ6便、海の便は沖縄本島と周辺離島を結ぶ便や鹿児島との定期便、計44便が欠航した。分かっているだけでも、少なくとも730人に影響が出た。7日の空の便は、既に四国と那覇を結ぶ便で一部欠航が確定している。