沖縄戦中の渡嘉敷島で、住民330人が亡くなった「集団自決(強制集団死)」から70年となった28日、渡嘉敷村主催の慰霊式典が村内の白玉之塔であった。遺族や村関係者ら約150人が参列し、戦没者の冥福を祈って手を合わせ、恒久平和を願った。(31面に関連)

犠牲者の冥福を祈り、焼香する式典参加者=28日午後、渡嘉敷村・白玉之塔(伊藤桃子撮影)

 遺族を代表し前村長の座間味昌茂さん(74)が、日本軍駐留から米軍上陸を経て、多くの住民が犠牲になった歴史をたどり「戦争の悲惨さと平和の尊さを後世に語り継ぐことを約束する」と宣言。渡嘉敷中2年の神里つなみさん(14)ら生徒会6人が「二度とあの日の悲しみを繰り返さない」と平和の詩を読み上げた。

 塔には島で戦没した住民をはじめ軍人・軍属ら594柱が祭られている。家族が島の「集団自決」で生き残り、その翌日に生まれた松本好勝村長(69)は「国立公園に指定された慶良間諸島・渡嘉敷島から、平和を願う情報発信を続けていく」と決意を述べた。

 米軍は1945年3月26日の座間味の島々を皮切りに、27日に渡嘉敷島へ上陸。翌28日、日本軍の命令で島北部の北山(ニシヤマ)に集められた住民たちが、配布された手りゅう弾や、刃物などで命を絶った。