石川の浜川優馬と美来工の砂川魁の投手戦は、浜川に軍配が上がった。10三振完封で勝利を呼び込み、「気持ちで投げ抜いた」と晴れやかな表情で汗をぬぐった。 終盤の攻防が勝負を分けた。石川は七回表に1死二、三塁のピンチを迎えたが、浜川の粘投で切り抜けた。逆に八回裏、1死二塁の好機。