9秒でまるわかり!

  • 沖縄の人気ステーキ店「ステーキハウス88」がアジア展開へ会社設立
  • 石垣牛など県産ブランド牛を取り入れ、農産物の輸出増加にもつなげる
  • 10月に香港で開店。10年後に88店、年間100億円の売上高を目指す

 ステーキハウス88を展開する沖縄テクノクリエイト(金城康次代表)は8日、ステーキ店をアジア展開する「88インターナショナル」を共同出資で立ち上げる。現代の沖縄の食文化を代表するステーキは、外国人観光客にも人気が高まっており、アジアでも商機があると判断。10月に香港で1号店を開き、アジア各国に店舗を広げる。10年後に88店、年間100億円の売上高を目指す。

家族連れなどでにぎわう「ステーキハウス88」=7日午後、那覇市辻

88ジュニア(那覇市松山)のステーキ200グラム

88ジュニア(那覇市松山)のステーキ200グラム

にんにくじょうゆとの相性も抜群(88ジュニア)

スープ、サラダ、ご飯は食べ放題(88ジュニア)

珍しい粉末バターでコクたっぷり(88ジュニア)

家族連れなどでにぎわう「ステーキハウス88」=7日午後、那覇市辻 88ジュニア(那覇市松山)のステーキ200グラム 88ジュニア(那覇市松山)のステーキ200グラム にんにくじょうゆとの相性も抜群(88ジュニア) スープ、サラダ、ご飯は食べ放題(88ジュニア) 珍しい粉末バターでコクたっぷり(88ジュニア)

 同社と、飲食業のえん沖縄を経営するBRIDGES代表の又吉真由美氏、中国最大手の海南航空などを傘下に持つ海航グループ日本地区CEOの陳源氏が出資する。

 ステーキハウス88は、1978年に開業。豊富な品ぞろえとボリュームのあるメニューで地元客から親しまれ、県内で9店舗を展開している。

 近年、アジアを中心に外国客も増え、来店客の約3割を占める。米国と沖縄の文化が融合したメニューや、細やかな接客サービスなどが受けているという。

 沖縄テクノクリエイトの金城康樹常務は「沖縄の老舗として、アジア客からの人気も出てきた。ステーキ文化を広めたい」と話す。石垣牛をはじめ県産のブランド牛もメニューに取り入れ、農産物の輸出増加にもつなげる考えだ。

 又吉氏は香港やシンガポール、マカオなどで、沖縄の食材を扱った飲食店30店を経営してきたノウハウを生かし、ステーキ店の出店を後押しする。貿易業も手がけており、通関手続きなども支援する。又吉氏は「アジアでの和牛の人気はすごい。沖縄のステーキと併せて売り込みたい」と話した。アジアの主要都市を結ぶ海南航空のネットワークで、食材を輸送する。(政経部・照屋剛志)