日本平和委員会(千坂純事務局長)は7日、普天間飛行場に配備されたオスプレイが再度墜落した事故を受け、飛行・訓練の中止と即時撤去を求める声明を発表した。 昨年12月に名護市沖で起きた墜落事故に触れ「連続した事故から、もはやオスプレイの危険性は誰の目にも明らかである」と主張。