2-2の延長十三回表、小禄の打者は高めに浮いた変化球を逃さなかった。先頭の譜久村允生(みつき)が「きわどい球を捨て、甘い球を待った」と追い込まれながら左中間二塁打で口火を切る。2死一、二塁から1番大城光貴の三ゴロが悪送球を誘って1点を勝ち越し、打席にはこの日2安打の2番外間海斗。