美里工が「チャンスで一本」を積み重ね、粘る与勝を7-2で破った。 与勝先発の神村哲太の立ち上がりを攻めた。初回、四球の走者を犠打で得点圏に進めると、3番中村太八郎が高めに浮いた変化球を捉えた中越え適時打でまず1点。「制球難を狙った」と中村。さらにもう1本出て、2点を先制した。