名護市辺野古の新基地建設問題で、翁長雄志知事の出した海底作業の一時停止指示をめぐり、林芳正農相が30日に県へ通知した執行停止決定書の中で、「(沖縄防衛局の)申し立ては相当」と認め、局側の主張を全面的に受け入れる内容になっていることが分かった。

 決定書によると、①翁長知事の指示は「処分」に当たる②岩礁破砕許可は国が事業者である場合を特に除外しておらず、国にも申し立て適格が認められる③作業停止で日米両国間の信頼関係への悪影響が生じる―と理由を説明している。