【東京】菅義偉官房長官は30日午前の記者会見で、名護市辺野古の新基地建設に関する作業停止を求めた翁長雄志知事の指示に対し、林芳正農相が執行停止を決定したことに、「所管の農林水産大臣が公平、中立な立場から審査し執行停止した」と述べ、決定の正当性を強調した。

 その上で「政府としては沖縄の負担軽減に取り組むとともに、世界一危険と言われている普天間飛行場の1日も早い返還を実現することが極めて重要」として、作業を継続する考えを示した。