【東京】中谷元・防衛相は30日午後、国会内で取材に応じ、名護市辺野古の新基地建設に関し、翁長雄志知事の海上作業停止指示に対して林芳正農相が効力の一時停止を決定したことについて、「適正に審査をして頂き、沖縄防衛局の申し立てを認めて頂いた」と述べた。

 作業が停止した場合、「普天間飛行場の代替施設の工事が大幅に遅れ、普天間飛行場周辺の住民が危険性と騒音にさらされ、回復困難で重大な損害を生じさせる。また、日米同盟の信頼関係にも支障が出る」として、知事の指示に従えないとした。

 その上で「ボーリング調査などの各種作業について環境保全に万全を期して最適な方法で進めていく」と述べ、引き続き作業を進める考えを示した。