広島、長崎の被爆者の悲願だった核兵器禁止条約が国連で採択されてから初めて迎えた、6日の広島平和記念式典。 際立ったのは、条約を「核なき世界」実現への一歩としたい被爆地と、米国の「核の傘」に依存し条約に反対する政府との立場の違いである。