サッカーJ1サガン鳥栖と、春季キャンプを受け入れている読谷村の子どもたちのU12交流事業が4〜6日、佐賀県のベストアメニティスタジアムなどであった。キャンプ地とJリーグチームの異例の試みは2年目で、公式戦の前座試合や元選手の講話、クラブハウス見学が新たに加わった。