豊見城勢同士の決勝は根差部ベースナインが豊見城パワーズを7-0の六回コールドで退けた。根差部の金城敬監督は「対等のレベル。(コールドの)結果はたまたま」と謙遜しつつ、「県大会で初優勝。子どもたちに感謝です」と感無量の様子だった。

決勝 根差部ベースナイン-豊見城パワーズ 6回表根差部2死二塁、徳永翔一が内野安打を放ち7点目=名護少年球場(勝浦大輔撮影)

初優勝を飾った根差部ベースナイン

準優勝の豊見城パワーズ

決勝 根差部ベースナイン-豊見城パワーズ 6回表根差部2死二塁、徳永翔一が内野安打を放ち7点目=名護少年球場(勝浦大輔撮影) 初優勝を飾った根差部ベースナイン 準優勝の豊見城パワーズ

 指揮官が「オールマイティーの頼れるキャプテン」と太鼓判を押す徳永翔一主将が、投手として先発した後は、捕手にも回り、打ってもソロ本塁打を含む2安打2打点とフル回転の活躍だった。

 まずは一回表2死の初打席、詰まりながらもフルスイングで右越え本塁打。「狙っていたので気持ち良かった」とにっこり。内角低めを意識したという投球では、3回を2安打に抑え、三塁を踏ませなかった。四回からは、2番手我喜屋翔輝の女房役となり、零封リレーに貢献した。

 大車輪の主将は「チーム無失策。打撃も良かった」と手応え。「投手としての球速、チームとして送りバントに磨きをかけたい」と全国までの4カ月で成長を期す。(勝浦大輔)