0-0の六回、興南は1安打に抑えられていた美里工の右腕、久田真輝を捉えた。それまでは久田の変化球が見極められず、巧みなけん制にも翻弄(ほんろう)されていた。 先頭の4番喜納朝規も前の打席は三邪飛だったが、気持ちを切り替え、「結果を信じてバットを振り抜こう」。