米海兵隊が保有する全ての固定翼機と回転翼機を対象に、24時間の飛行停止措置を検討していることに対し、県からは「たった24時間でどのように安全を保証するのか」と疑問視する声が上がった。