日本の排他的経済水域(EEZ)での台湾漁船の操業を認める「日台漁業協定」の2018年漁期の操業ルール締結を前に、八重山北方の三角水域での操業ルールについて協議する専門会議が23日に台湾の台北市内で開かれることが9日、分かった。