浦添署は9日、無資格で確定申告などに関する税務書類を作成したとして、浦添市の自営業の男(66)を税理士法違反の疑いで那覇地検に書類送致した。容疑を認めているという。同署によると、男は2015年2月上旬から今年2月下旬までの間、県内の3事業主と4法人の税務書類計33件を無資格で作成した疑い。