米軍普天間飛行場の閉鎖・県内移設断念を求める有識者や議員、市民団体メンバーなどでつくる「沖縄建白書を実現し未来を拓(ひら)く島ぐるみ会議」が、名護市辺野古の新基地の建設阻止を実現するための基金の創設を検討していることが31日、分かった。

 安慶田光男副知事から検討を打診され、島ぐるみ会議側が素案を検討している。創設の時期や具体的な内容は未定だが、島ぐるみ会議を中心に経済界や県外有識者などより大きな枠組みで創設、運用に取り組む方向。関係者は「単に新基地反対の資金集めというだけでなく、国内外での世論喚起に活用するのが最大目的だ」と説明している。