長年、八重山の文化研究に携わってきた著者渾身(こんしん)の一書である。八重山の文化研究の歴史は、岩崎卓爾によって先鞭(せんべん)がつけられ、喜舎場永珣によって大きな花を開かせた。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。