書名の「学校芸能」とは著者の造語で、学校と地域社会の相互作用から新たに創造される芸能のことをいう。本書のキーワードである。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。