沖縄桜曾に所蔵する神谷響さんは、小さな頃から糸満釣り筏(いかだ)に通い、釣り場の状況を知り尽くしている。 ここ最近、筏の周辺を15キロ近くある大型のガーラが回遊している情報をキャッチしたので、すぐに20キロ近い魚を想定したタックルを組んで釣行を計画。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。