那覇海上保安部は12日、沖縄県恩納村の海岸で11日に友人とシュノーケル中に行方不明になった南城市の男性(26)を発見し、午前8時58分に死亡が確認された。

 同保安部によると、男性は通称「アポガマ」の岩場付近から約200メートル離れた水深約10メートルの海底に沈んでいたという。消防のダイバーが発見した。