外務省は1日、又吉進・前沖縄県知事公室長を同省参与に起用した。政府が実現を目指す一方、沖縄県が激しく反発している米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設をめぐり、助言を得ることなどが狙い。地方自治体の幹部職員OBが、外務省参与に就任するのは異例だ。

又吉進氏

 又吉氏は、辺野古移設を承認した同県の仲井真弘多前知事の下で知事公室長として基地問題を担当。辺野古移設に向けた作業をめぐって政府と同県の翁長雄志知事の対立が続く中、又吉氏の基地問題に関する経験や知識、米政府との人脈を生かし、事態の打開を図りたい考えだ。(共同通信)