【平安名純代・米国特約記者】米海兵隊は11日、ネラー総司令官が世界中の航空部隊に対し24時間、全航空機の飛行任務を停止する措置(オペレーショナル・リセット)の実施を命じたと発表した。安全飛行や戦闘即応性の基本の見直しを目的に、各部隊の司令官が日程を選び、今後2週間以内に実施する。