沖縄女子学園から年1回の学園だより「しおかぜ」が届いた。同園は、14~20歳が対象の矯正教育施設。傷害事件などを起こした少女たちが、自分と対話を繰り返して心を整理し、問題の克服に取り組んでいる

▼その内容を保護者らの前で披露する「学習発表」のためにまとめた文章やイラスト、命について学んだ講座の感想文などが掲載されている

▼ある少女は「何度も裏切り続けたことで孤立し、見捨てられたと思い込み、さらに本当の気持ちを押し殺し、自分自身をも裏切る行為を続けてきました」と非行に走った自分を振り返った。いさめる声に「言葉は聞こえていても理解はしていませんでした」と記す子も

▼未来の子どもへ思いをはせ「あなたがつらい時、苦しい時、困っている時とかにそばで支えてあげたいな」。「傷つけた方や裏切った方に対して、人生を通して申し訳ないという思いを忘れずに歩んでいこう」とする決意もあった

▼園の行事に参加している彼女らは、普通の少女だった。まだあどけない顔もある。こんなに素直になれる子たちが、自分や他者を傷つけた後にしか、その大切さに気付けなかったことに胸が痛む

▼立ち直りを社会で支えることと同時に、つまずく前に私たち大人は、どうすれば良いのか考えたい。子どもたちの言葉に耳を傾けながら。(安里真己)