【うるま】沖縄県が整備を進めている沖縄IT津梁パーク企業集積施設の3号棟がうるま市州崎に完成し、3月31日、関係者約40人が落成を祝った。施設は壁面に緑のカーテンを敷き、熱線反射ガラスやLED照明を採用するなど電気使用量を軽減する環境配慮型が特徴。デジタルビジョン、ミサワホーム、グロヴァレックス沖縄、琉球国際航業の4社が入居する。

情報通信関連4社が入居する沖縄IT津梁パーク企業集積施設3号棟=うるま市州崎띱

 敷地面積は約9600平方メートル。延べ床面積は約3千平方メートルの鉄骨造り3階建て。国際ランド&ディベロップメント(東京都)が建設費全額を負担して建設した。県に年間6720万円で15年間賃貸し、屋上に設置した発電出力49キロワットの太陽光パネルで発電した電力を全量売電して投資資金を回収する。