宮古は土壇場の九回、1点を挙げて同点に追いつき、なお1死二、三塁で一打サヨナラのチャンス。打席には代打の下地翔太。 背番号4の正二塁手は3回戦以降、打撃不振で先発を外れていた。重圧のかかる場面。「絶対に決めてやる」と気合を入れた。強い気持ちの裏には「仲間の分まで」との思いがあった。