大相撲の稀勢の里関と日馬富士関の両横綱が14日、東日本大震災からの復興を願い、岩手県釜石市の鵜住居小学校と釜石東中学校の共用体育館で土俵入りを披露した。

 東日本大震災からの復興を願い、岩手県釜石市で土俵入りを披露する稀勢の里関=14日

 稀勢の里関は露払いに同県出身の幕内錦木関、太刀持ちに幕内輝関を従えて力強い雲竜型を披露。日馬富士関は不知火型を行い、集まった約千人から大きな拍手に包まれた。土俵入り前に両横綱らは釜石駅前に設置の「復興の鐘」を訪問し、鵜住神社へ参拝もした。

 日本相撲協会は東日本大震災発生から7年連続で被災地での復興土俵入りを実施。稀勢の里関は横綱として初めて務め「力になれればと、一生懸命やった」と述べた。(共同通信)