名護市辺野古への新基地建設反対を訴える市民100人は2日午前、名護署前で、31日に公務執行妨害の疑いで逮捕された男性の釈放を求め、集会を開いている。市民は「拘留延期は許さない」「早期の釈放を」と訴えた。

男性の釈放を求め、警察隊とにらみ合う市民ら=2日、名護署前

 一方、辺野古沖ではスパット台船2隻に作業員の姿が確認された。市民らの船やカヌーが抗議行動を展開。辺野古崎の沖合では米兵約50人が潜水訓練を実施する様子もみられた。