【東京】菅義偉官房長官は2日午前の記者会見で、沖縄での翁長雄志知事との初めての会談を5日で調整していることを明らかにした。菅氏は「普天間飛行場の危険状況について知事はどう考えているのか、そうしたことも含めて議論をしたい」と述べ、翁長知事に直接確認する意向を示した。その上で、普天間飛行場の危険性除去と米軍の抑止力維持のためには辺野古移設が唯一の解決策であるとの政府見解を伝えるとした。

 翁長知事は会談で辺野古新基地建設に反対の意思を伝えるとしており、真っ向対立するとみられる。菅氏は「お互いに忌憚(きたん)のない意見交換をまずしたい。1回会っただけで物事が解決するとは当然思っていない」として、知事と継続的な意見交換をしていく考え。また、「県と国が連携をしなければならないことがたくさん出てくる」と述べ、沖縄振興についても協議する意向を示した。