事故により那覇−粟国間の定期便運休が続く第一航空(本社・大阪市)が、路線再開に向けた訓練中の6月に2度、着陸ミスを起こしていたことが10日、分かった。うち、1度は着陸後に機体が90度転回して停止した。 着陸ミスが起きたのは6月11日と20日。